スーパーコピー時計、ロレックスコピー、ウブロコピー、オメガコピー、高い品質ブランドコピー時計販売店。

ブランドコピー時計 >>回転ベゼルは、逆回転防止式に変更
回転ベゼルは、逆回転防止式に変更
レプリカ時計チューダーにとって最も関わりが長く、それゆえに最も得意としているジャンルが、ダイバーズウォッチである。1950年代半ばにはアメリカ海軍によって高い評価を受けており、1958年には制式に採用されている。近々では2021年にフランス海軍と再びパートナシップを結び、共同開発によるダイバーズウォッチを発表した。そんなチューダーのダイバーズウォッチにおいて、ハイスペックな上位コレクションに位置づけられているのが「ペラゴス」である。ペラゴスとはギリシャ語で「海」という意味だ。https://www.osakacopyshop.com/swbrands/name-b1811/


今回紹介するのは「ペラゴス FXD」から新たに発表されたモデル。FXDとは「Fixed=固定」を意味しており、この時計の特徴であるケース形状を示している。通常、時計はラグの間に「バネ棒」と呼ばれる伸縮するパーツが挟まっており、ここにストラップやブレスレットを通すことで、ケースとベルトを繋いでいる。外れることは考えにくいが「バネ式」である以上、強い衝撃が加われば曲がったり外れたりする事もありえる。しかし、「ペラゴス FXD」には、この「バネ棒」が、ない。2本のラグは固定されたバーで一体化されているのだ。


前ページ: 社会人は腕時計をいくつ持っているべきか
次ページ: 超軽量な大型ケースは、地球に優しい!