スーパーコピー時計、ロレックスコピー、ウブロコピー、オメガコピー、高い品質ブランドコピー時計販売店。

ブランドコピー時計 >>チューダー「レンジャー」が39mm径で待望の復活
チューダー「レンジャー」が39mm径で待望の復活
新作は1965年に発表されたレンジャーのデザインを忠実に復刻。特徴的な時針の形状はもちろん、アイコニックなアラビア数字とバーを組み合わせたインデックス、ドーム型風防まで再現している。


最大のポイントは39mmという絶妙なケース径だろう。小径ケースは日本人の腕に収まりの良いサイズというだけではなく、さまざまな福音をもたらした。ヘッドとストラップの優れたバランスだ。


ヘッドが重いコピー時計の場合、ブレスレットであればコマを厚くし、バックルを頑強に作ることによって、大きな重心に対してバランスを取らなければならない。ストラップであれば芯材をより太くするなどの調整が必要だ。つまり、重いヘッドを支えるために、その他の部分も重くなっていってしまう。https://www.osakacopyshop.com/swbrands/name-b1811/


しかし、ケースを小さく収めたレンジャーは、ヘッドの重量も抑えられている。そのためブレスレットにしてもストラップにしても、軽くて薄く、使い勝手にすぐれたものが使用されているのだ。


前ページ: ブレゲというブランドの魅力が詰まった1本
次ページ: 腕時計を捨てる方法