スーパーコピー時計、ロレックスコピー、ウブロコピー、オメガコピー、高い品質ブランド時計コピー販売店。

ホーム >>実用時計の技術を早い段階から確立してきたロレックス
実用時計の技術を早い段階から確立してきたロレックス
現在主流である自動巻きムーブメントにいち早く先鞭をつけたパーペチュアル機構は、まさに当ブランドによる革命的発明でした。


そんなロレックスコピーだから、現行の全シリーズに自社開発ムーブメントを搭載していること、加えてその全てが高精度の象徴であるクロノメーター規格を満たすことは、もはや驚きに値しないのかもしれません。


ちなみにムーブメントの精度の要であるテンプを構成するパーツのうちの一つに「ヒゲゼンマイ」というものがあります。
これを自社製できるメーカーはわずかですが、ロレックスはその技術を確立する名実ともにトップクラスのマニュファクチュールブランドと言えます。
※2007年、従来のヒゲゼンマイより耐久性が各段にあがったブルーパラクロムヒゲゼンマイを採用開始。


ロレックスは時計の堅牢性・防水性のためシースルーバックを採用しておらず、ムーブメントの存在を感じられるのはその精度・性能のみ。
着飾らず、実用性をひたむきに追及する、クラフトマンシップ溢れるマニュファクチュラーです。


前ページ: 機械式時計の真髄、それはムーブメントにあり
次ページ: オンデマンドで発光する新型ジャンピングアワー