NOOB製の

スーパーコピー時計

の直販店!弊店のすべての商品は自社製のNOOB製なので、品質が優れています。

  • ロレックスコピー
  • パネライコピー
  • ウブロコピー
  • タグホイヤーコピー
  • オーデマピゲコピー
  • フランクミュラーコピー
  • IWCコピー
  • パテックフィリップコピー
  • ブライトリングコピー
  • オメガコピー
  • シャネルコピー
  • カルティエコピー
ホーム >>【ブライトリング】と【トライアンフ】に共通する
【ブライトリング】と【トライアンフ】に共通する
1960年代の半ばのイギリスでは、オートレースが全盛期を迎えていた背景もあってスタイリッシュなオートバイでライダーが文字通り洒落たカフェからカフェへと走る、「カフェレーサー」と呼ばれるサブカルチャーが盛んだった。これに触発されたブライトリング3代目当主のウィリー・ブライトリングは、当時のスピード感あふれるスタイルを全く新しいタイムキーパーとして具現化することを発案。その結果生まれたのが、「トップタイム」であった。“若いアクティブなプロフェッショナル”に向けた型破りなこのクロノグラフは当時、男女問わずスポーティな集団を魅了したという。


今回、トップタイムのコレクターから“ゾロダイヤル”と呼ばれている蝶ネクタイをモチーフにした独特のサテン仕上げを採用
 
このように一世を風靡した「トップタイム」のバックグラウンドを語り、カフェレーサーの文化も表すモデルとして開発されたのが、スーパーコピー時計新作「トライアンフ スピードツイン ブライトリング リミテッドエディション」である。このコラボについてブライトリングのジョージ·カーンCEOは次のように語っている。


「トライアンフの伝統とモダンレトロな美学は、数ある両社の共通した価値観のひとつです。彼らの伝統とテクノロジーのブレンドは、私たちの活動と完璧に一致しています」


前ページ: IWCの代表シリーズとお勧めモデル①ポルトギーゼ
次ページ: ラグジュアリーブランドのコネクテッドウオッチ先駆者として