スーパーコピー時計、ロレックスコピー、ウブロコピー、オメガコピー、高い品質ブランド時計コピー販売店。

ホーム >>オメガブランドが示した誇りと情熱
オメガブランドが示した誇りと情熱
先日、鶴橋スーパーコピー時計「オメガ スピードマスター 「ST145.012-67SP(1968年製)」~或るオークション・ピースに投影された文学と歴史」というタイトル(参考→ https://watch-media-online.com/blogs/5098/ ) で、米国の著名な小説家、ラルフ・エリソン(1913-1994年)が愛用したスピードマスターのヒストリーを、最近の時計オークション市場の異常な過熱ぶりと絡めた記事にした。


時計には受け継がれていくべき重要な意味があると理解し、その時計とともに受け継がれていく感情の重みを文学として描いたエリソンの愛した「スピードマスター」は、まさに文化遺産であり、その思念のこもった時計が昨今の時計オークションの高騰の中で、投機とか資産価値とか、そうした類のよこしまな欲望の対象になるのは忍びなく、『2021年を締めくくる時計オークションにおけるその良心の試金石として、ぜひとも注目していたい』という言葉でその記事を締めくくった。


オークションの結果は $667,800での落札ということで、ここに投機マネーが作用したのかどうかちょっと微妙な決着であったが、この度、その落札者がプレスリリースをだした。そしてそれによってこの貴重な個体に本当に望ましいハッピーエンドが訪れたことがわかり、世の中まだ捨てたもんじゃないと感じたというか、オメガって本当に素晴らしいと心から実感できたのだ。


前ページ: 規格外にデカいパネライ 「エジツィアーノ PAM00341」
次ページ: IWCが あのクルト・クラウスをLINEスタンプで配布中