NOOB製の

スーパーコピー時計

の直販店!弊店のすべての商品は自社製のNOOB製なので、品質が優れています。

  • ロレックスコピー
  • パネライコピー
  • ウブロコピー
  • タグホイヤーコピー
  • オーデマピゲコピー
  • フランクミュラーコピー
  • IWCコピー
  • パテックフィリップコピー
  • ブライトリングコピー
  • オメガコピー
  • シャネルコピー
  • カルティエコピー
ホーム >>日差2分以内までが一般的に許容範囲とされている
日差2分以内までが一般的に許容範囲とされている
よくスーパーコピー時計の精度を表す数値として“日差何秒”と表現される。
この日差とは時計の1日の進み、遅れを表す言葉で、現行品の機械式時計ではマイナス15秒〜プラス25秒以内が一般的。
ちなみにスイスの公的独立機関“スイス公認クロノメーター検定協会”では様々な姿勢差のもと15日間の試験が行われ、平均日差がマイナス4秒~プラス6秒以内であるものにクロノメーター認定をしている。


これに対して一般的に販売されるアンティークウオッチの場合、専門店では日差2分以内が許容範囲とされているようだ。
この差について聞いたところ、1960年代以前の時計のムーヴメントはロービート機と呼ばれておりテンプの振動数が低い。
対して現行品はハイビート機という、テンプを高振動化させたものが搭載されており高い精度が出しやすい(詳しくはQ.41)。もちろん機械自体が古いということもあるが、アンティークと現行品ではこの性能の差も大きいようだ。
そのためアンティーク専門店いわくアンティークはそもそもがそういうものだという認識をもって楽しんでほしいとのこと。


前ページ: サーフィン ケリー・スレーター選手が身に着けている時計
次ページ: クロノグラフウオッチの秒針はどこにあるか知っている?