NOOB製の

スーパーコピー時計

の直販店!弊店のすべての商品は自社製のNOOB製なので、品質が優れています。

  • ロレックスコピー
  • パネライコピー
  • ウブロコピー
  • タグホイヤーコピー
  • オーデマピゲコピー
  • フランクミュラーコピー
  • IWCコピー
  • パテックフィリップコピー
  • ヴァシュロンコンスタンタンコピー
  • オメガコピー
  • シャネルコピー
  • カルティエコピー
ホーム >>クォーツ式腕時計のメリット・デメリット
クォーツ式腕時計のメリット・デメリット
高精度


クォーツ式腕時計の最大にして最高のメリットはこれです。その正確性です。


クォーツの高振動、それを電気信号に変換し正確に針を動かす(ステッピング)モーターは、機械式時計には真似できません。


なお、さらに正確な時計として電波時計が挙げられます。これは情報通信研究機構が送信する標準電波(誤差が約10万年に一秒とされる超高精度な原子時計が時刻基準となっている)をキャッチし、自動で時刻修正してくれる時計です。


しかしながら電波が受信できない場所では時刻修正を行えません。そこで受信環境外ではクォーツ時計として運針するものがほとんどであり、やはり高精度時計にクォーツが欠かせないことがわかりますね。


■低価格https://www.osakacopyshop.com/swbrands/name-b1703/


機械式時計は細かなパーツを緻密な設計のもと、精密・精緻に組み立てていかなくてはならず、量産しづらいためどうしても高額になりがち。


しかしながらクォーツ式時計は機械的な構造は少ないため、低コストでの製造が可能です。


クォーツ発明当初は高額であったものの、現在では大量生産されるものがほとんど。1,000円以下で売られているものも少なくありません。


ちなみにクォーツは原石がそのまま使われるわけではなく、一定の振動数を実現するためにカット・研磨がなされますが、ダイヤモンドのように精密なものではないので量産は比較的カンタンです。


こういったクォーツ式腕時計のリーズナブルさは、「世界中のあらゆる人が時計を持つ」ことを実現したという、産業界にとって非常に意義深いものがあります。


■安価でも及第点の性能を持つ


大量生産品の多くに言えることですが、製造工程がある程度決められているため、安価でもそこそこ良いレベルの性能を保ちます。つまり、100円均一で売られている腕時計でも、一定の精度を保つ、ということ。


前ページ: 腕時計は機械式とクォーツ式、どちらを買ったら良いの?
次ページ: 松山英樹選手が身に着けている時計