スーパーコピー時計、ロレックスコピー、ウブロコピー、オメガコピー、高い品質ブランド時計コピー販売店。

ホーム >>セラミック腕時計を消費者は受け入れたのか?
セラミック腕時計を消費者は受け入れたのか?
セラミックの加工技術が追いつき、スーパーコピー時計メーカーがセラミック腕時計の利点に気づいたとしても、消費者が興味を示さなければ、作る意味がありません。この「消費者に興味を持たせた」という点では、シャネルのJ12の功績が大きいでしょう。


今では、セラミックで作られた「黒い時計」や「白い時計」は、すっかり見慣れた存在になりました。しかし、2000年代より前は、高級時計と言えば、ゴールドやステンレスで作った金属製の腕時計が一般的でした。もちろん、樹脂など、金属以外の素材もありましたが、それらは安価な時計に使われるものでした。


前ページ: 時計業界でセラミックが採用されるようになったのでしょうか?
次ページ: 2022年 ウブロの中で一番人気があるモデルは?