NOOB製の

スーパーコピー時計

の直販店!弊店のすべての商品は自社製のNOOB製なので、品質が優れています。

  • ロレックスコピー
  • パネライコピー
  • ウブロコピー
  • タグホイヤーコピー
  • オーデマピゲコピー
  • フランクミュラーコピー
  • IWCコピー
  • パテックフィリップコピー
  • ヴァシュロンコンスタンタンコピー
  • オメガコピー
  • シャネルコピー
  • カルティエコピー
ホーム >>同様の理由で、「旧型の外装仕様を選ぶ」というのも手です
同様の理由で、「旧型の外装仕様を選ぶ」というのも手です

上記画像は全て、スーパーコピー時計デイトナ 116520のバックルです。116520は2000年~2016年と長きに渡って製造されたことから、数あるロレックスの中でも年代による仕様変更が非常に多いモデルでもあります。



116520は2008年頃にバックルの中板がシンプルな一枚板から留め具を兼ねた凹みある中板へと変更され、さらに2015年頃からはその凹み部分がポリッシュ仕様となりました。


このバックルは新しいものほど市場評価が高くなりますが、旧式だからと言って著しく性能が劣るということはありません。とりわけポリッシュ・梨地の仕上げの違いは「好み」による部分も多いと言えるでしょう。実際、敢えて梨地の方をお選びになるファンもいらっしゃいます。


前ページ: アンティーク時計の取扱方法 強い磁気を当てない
次ページ: 中国で人気が高い高級時計10位 フランクミュラー