NOOB製の

スーパーコピー時計

の直販店!弊店のすべての商品は自社製のNOOB製なので、品質が優れています。

  • ロレックスコピー
  • パネライコピー
  • ウブロコピー
  • タグホイヤーコピー
  • オーデマピゲコピー
  • フランクミュラーコピー
  • IWCコピー
  • パテックフィリップコピー
  • ヴァシュロンコンスタンタンコピー
  • オメガコピー
  • シャネルコピー
  • カルティエコピー
ホーム >>アンティーク時計の取扱方法 強い磁気を当てない
アンティーク時計の取扱方法 強い磁気を当てない
現在は素材が進化したことにより、磁気に強いモデルも出てきましたが、特殊なモデルを除いてスーパーコピー時計は強い磁気を当てないようにします。それはヒゲゼンマイという精度を司る部品に大きな影響を及ぼすからです。これはアンティークも現行品も同じです。


日常的に気を付けるのは携帯電話・イヤホン・電子機器・バッグなどのマグネットなど強い磁気を発するものと一緒に時計を保管しないことです。


安全圏は30cm以上離しておくことがポイント。


急に時計の精度が狂った場合、結構な確率で磁気帯びしてることがあります。ただ、万が一磁気が入ってしまったとしても「磁気抜き」という作業ができますので、購入店に相談しましょう。


前ページ: アンティーク時計の魅力1点ものとしての味わい
次ページ: 同様の理由で、「旧型の外装仕様を選ぶ」というのも手です