NOOB製の

スーパーコピー時計

の直販店!弊店のすべての商品は自社製のNOOB製なので、品質が優れています。

  • ロレックスコピー
  • パネライコピー
  • ウブロコピー
  • タグホイヤーコピー
  • オーデマピゲコピー
  • フランクミュラーコピー
  • IWCコピー
  • パテックフィリップコピー
  • ヴァシュロンコンスタンタンコピー
  • オメガコピー
  • シャネルコピー
  • カルティエコピー
ホーム >>ロービートとハイビートではどちらが優れている?
ロービートとハイビートではどちらが優れている?
コマは高速回転するほどに姿勢は安定しやすいが、反面、軸の接地面には大きな摩擦が生じる。一方、低速回転の場合、摩擦は少ないが、姿勢は安定しにくくなる。これを振動数に置き換えると、ハイビートほど動的精度が向上するが摩耗は大きく、ロービートほど摩耗は少ないが、精度が外乱の影響を受けやすいとなるわけだ。ちなみにこの特性を利用して精度を高めたのがクォーツムーヴメントでその振動数は機械式を遥かに凌駕する。1970年代以降は、機械式でもハイビートによる高振動化が積極的に行われ、毎秒10振動(毎時3万6000振動)というムーヴメントが次々と生まれた。


そのメリットのひとつが、先にも挙げた摩耗が少ないという点である。これは、翻って長く使えるということでもあり、世代を超えて受け継ぐような高級時計ではロービートがしばしば採用されている。また近年はパーツの加工精度が向上したほか、新素材も導入され、ロービートでも精度が出やすくなったということも、採用するメーカーが増えてきた理由だろう。


前ページ: 主要4コレクションで探る、フランスの名門“リップ”の最新動向
次ページ: 人気ブランドのおすすめ高級時計を一覧で紹介