NOOB製の

スーパーコピー時計

の直販店!弊店のすべての商品は自社製のNOOB製なので、品質が優れています。

  • ロレックスコピー
  • パネライコピー
  • ウブロコピー
  • タグホイヤーコピー
  • オーデマピゲコピー
  • フランクミュラーコピー
  • IWCコピー
  • パテックフィリップコピー
  • ヴァシュロンコンスタンタンコピー
  • オメガコピー
  • シャネルコピー
  • カルティエコピー
ホーム >>パテック フィリップが、オフィシャルサイトを通じて2021年新作を追加発表した
パテック フィリップが、オフィシャルサイトを通じて2021年新作を追加発表した
スーパーコピー時計それぞれに手工芸パーツを取り入れたミニッツ・リピーター4モデルを筆頭に、「7118」系ノーチラスのハイ・ジュエリー・モデル、ゴールデンエリプスの新作、ハンドクラフト・コレクションの発表など、工芸に特化した実に多彩な新モデルが公開されたのだが、個人的な注目点はといえば、それは前回にも少し触れたが、オフィシャルサイトを最優先するというパテック フィリップの最近の発表方法自体なのではないかと思う。https://www.osakacopyshop.com/swbrands/name-b1753/


昨年秋のトゥエンティ―フォー新作発表以降、話題となった「5711」のラストモデルを含むW&W2021、その後のカラトラバ「6119」新作と新型のパーペチュアル「5236」、そしてつい先日のアクアノートの発表から今回のハンドクラフト・モデルパテック フィリップに至るまで(さすがにW&Wだけはイベントのプラットフォームと同時ではあったけれど)、その姿勢は一貫している。


これが意味するところは、市井の愛好家もジャーナリストだろうがメディアであっても、最初に得られる情報や素材は同等であるから、誰しもが情報を等しく享受でき、もっといえば、その情報を利用して誰しもが発信者にもなれるという、ネット時代を見据えた、実にあるべき情報伝達の姿ではないかと思うのである。


通常、多くのブランドは新作の発表時に一番多くの労力と宣伝費を投入する。専門家やジャーナリストと呼ばれる人々や組織に資料を送って新作の周知と紹介をうながす。受け取った側は、いち早く入手した資料や一般には積極的に告知されない情報などを組み合わせて、いかにも専門家風の文言に加工してメディアとして流す。自分も時折やる。しかしパテック フィリップに関してはスタートラインは皆同じ、誰もアドバンテージを持っていないので、ファースト・インフォメーションが100%ピュアなのだ。それは、ネットが一般化した現在ならではの、愛好家やファンにとって非常にフェアな姿勢だと思う。


前ページ: ロレックスの次に価格高騰している高級時計。その調査方法とは
次ページ: 今年のIWCはビッグ・パイロット・ウォッチに多くの新作を投入した