NOOB製の

ブランド時計スーパーコピー

の直販店!弊店のすべての商品は自社製のNOOB製なので、品質が優れています。

  • ロレックスコピー
  • パネライコピー
  • ウブロコピー
  • タグホイヤーコピー
  • オーデマピゲコピー
  • フランクミュラーコピー
  • IWCコピー
  • パテックフィリップコピー
  • ヴァシュロンコンスタンタンコピー
  • オメガコピー
  • シャネルコピー
  • カルティエコピー
ホーム >>ミルガウスのRef.116400GV。2007年に約20年ぶりに復活した
ミルガウスのRef.116400GV。2007年に約20年ぶりに復活した
IWCコピー時計そこでまず時計と磁気の関係について簡単に触れておきたい。機械式の腕時計の場合は、中の機械(ムーヴメント)が一旦磁気を帯びてしまうと、途端に遅れや進みといった精度に狂いを生じさせてしまう。自然には直らないため時計修理店に持ち込んで脱磁処理をしてもらう必要があり、結構面倒なことになるのだ。


 そのため特にバッグなどに付く磁石や、スマートフォン、タブレットのスピーカー部には5cm以内に近づけないように気を付ける必要がある。ちなみにアナログクォーツ式もステップモーターが磁気の影響を受けるが、デジタルクォーツ式はモーター等がないため磁気の影響を受けない。


 ではミルガウスの場合はどのようにして磁気を防ぐのか。それはケース内に2種類の強磁性合金を組み合わせて作られたインナーケース(磁気シールド)によってムーヴメントをすっぽりと包んでいる。これによって内部のムーヴメントに影響を及ぼさないようになっているわけだ。そのためサブマリーナーなどのほかのスポーツモデルに比べてミルガウスは時計自体の厚みが増している。


前ページ: 2021年 パテックフィリップの中で一番人気があるモデルは?
次ページ: ロレックス90万円台の実勢価格でも買える“エアキング”