NOOB製の

ブランド時計スーパーコピー

の直販店!弊店のすべての商品は自社製のNOOB製なので、品質が優れています。

  • ロレックスコピー
  • パネライコピー
  • ウブロコピー
  • タグホイヤーコピー
  • オーデマピゲコピー
  • フランクミュラーコピー
  • IWCコピー
  • パテックフィリップコピー
  • ヴァシュロンコンスタンタンコピー
  • オメガコピー
  • シャネルコピー
  • カルティエコピー
ホーム >>2003年にプロ転向を果たしたドイツのプロテニスプレイヤーです
2003年にプロ転向を果たしたドイツのプロテニスプレイヤーです
全豪オープン、全米オープン、全英オープン優勝、リオ五輪女子ダブルスで銀メダル獲得、2016年に女子世界ランキング1位獲得と華やかな経歴をもちますが、決して苦労なく順風満帆な選手人生を送ってきたかと言うとそうではありません。

プロ転向後はあまり派手な活躍はせず、2007年の全仏オープンで初めて4大大会に出場となりますが、早々に敗退します。しかしながら下積み時代にも着々と実力をつけ、2011年全米オープンではランキング92位のノーシードから開始するも、並みいる強豪を倒してベスト4に進出。ドイツ出身の選手としては15年ぶりである、として、日本でも話題を呼び込みました。ちなみに同年、シャンパンウィメンズ・オープンでもベスト4に進出し、世界ランキング29位を獲得します。

翌年の2012年は全豪オープン、全仏オープンで戦績を積んでいき、7月のロンドン大会でオリンピックに初出場。メダルこそ獲得しなかったものの、ベスト8に進出しました。

2016年には全豪オープンで女王セリーナ・ウィリアムズ選手を下し、世界ランキング自己ベストとなる2位を獲得。さらに同年のリオ五輪シングルスで銀メダルを獲得し、世界ランキング1位に上り詰めます。

このように、逆境の中からも着々とテニスを続けていき、女王の座に輝いたという根気強い一面がアンゲリク選手の特徴と言えるでしょう。


前ページ: アンソニー・デイビス選手が身に着けている腕時計をご紹介いたしました
次ページ: オメガの科学技術が結集されたモデルとしても注目を集めている