NOOB製の

ブランド時計スーパーコピー

の直販店!弊店のすべての商品は自社製のNOOB製なので、品質が優れています。

  • ロレックスコピー
  • パネライコピー
  • ウブロコピー
  • タグホイヤーコピー
  • オーデマピゲコピー
  • フランクミュラーコピー
  • IWCコピー
  • パテックフィリップコピー
  • ヴァシュロンコンスタンタンコピー
  • オメガコピー
  • シャネルコピー
  • カルティエコピー
ホーム >>現代のIWCの腕時計モデルでも採用されているペラトン式自動巻き
現代のIWCの腕時計モデルでも採用されているペラトン式自動巻き
IWCの歴史は、アメリカ人実業家のフロレンタイン・アリオスト・ジョーンズと、時計職人ヨハン・ハインリッヒ・モーザーが、スイスの工業都市シャフハウゼンに1868年に開設した工房が始まりです。ドイツとの国境沿いだったためドイツの文化的影響が強く、他のスイスブランドと比べて、華やかさよりも機能性を重視した、質実剛健なクラフトマンシップあふれる時計作りに、アメリカ式の生産性に優れた製造技術が融合した、完成度の高い時計を作り続けています。

https://www.osakacopyshop.com/swbrands/name-b1688/
その歴史の中ではキャリバー83,87,89の手巻き、現代のIWCのモデルでも採用されているペラトン式自動巻き機構のキャリバー85系統を生み出します。70年代~90年代に提携が解消されるまではポルシェデザインの時計も製作していました。その中で当時の技術では難しかったチタンを他ブランドに先駆けて時計のケース・ブレスに採用。その技術を使い、同じく当時はかなり高度な2000mの高い防水性能を持つオーシャン2000を発表し大きな話題になりました。


前ページ: 最も勢いのあるブランド時計と言っても過言ではないウブロ
次ページ: 現在では誰もが知る高級宝飾ブランド「カルティエ」ブランド時計